私の欠片を探して
ゆる~く漫画、小説の紹介。ただし、百合要素の頻度高しw。あと日々の雑記
プロフィール

ゆでいぬ

Author:ゆでいぬ
ライトな百合作品好き。
ライトな百合作品は心のビタミン。



カテゴリー



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブックマーク

  • コアラッキーミハルの非日常的な.
  • 予定は未定っす
  • 気まぐれな雑記たん
  • 管理者専用


  • カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -



    月別アーカイブ



    RSSフィード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    先月の購入物件
    9月分ということで・・・
    相変わらず新しい開拓してない、出来ていないですよ。


    ・GIRL FRIENDS 3 (森永みるく/アクションコミックス)
    GIRL FRIENDS 3 (アクションコミックス)
    最後にまた――お預けのながれ。
    2巻の後書きから予想すれば、予定調和の流れかな?
    4巻が待ち遠しくてしょうがない。

    ・ささめきこと 5 (いけだ たかし /MFコミックス アライブシリーズ)
    ささめきこと 5 (MFコミックス アライブシリーズ)
    脇の活躍がいい感じ。特に朋絵の「もう、これは恋じゃないの」台詞にドキッさせられました。
    進級、新入生と周りばかりが変わっていくのに、純夏と汐の相変わらず引きずりっぱなし。
    こちらは進展がなしというか、微妙なスパイラルがもどかしい。

    ・GENEZ-2 ジーンズ (深見 真/富士見ファンタジア文庫)
    GENEZ-2  ジーンズ (富士見ファンタジア文庫)
    作品としては悪くないが、深見先生の他作品より魅力的なキャラがちょっと少なめなのが、残念。


    ・First Pain (石川智晶/flying DOG)
    First Pain

    ・PERSONA MUSIC LIVE-VELVETROOM IN AKASAKA BLITZ- [DVD]
    PERSONA MUSIC LIVE-VELVETROOM IN AKASAKA BLITZ- [DVD]

    初回限定版の特典ライブ音源のCD目当てで買ったので、可も不可もなくといったところ。
    DVDとして落ち着いて見るとなんだか、盛り上がりに欠けているのかな?
    あと、MC部分があまりにも少なすぎる。
    アトラスの目黒さん出ているのですから、曲作成時のエピソードとか、
    MCトークをふくらませるところがあれば、よかったかな。
    演奏中のオーディエンスの微妙な盛り上がり感もライブ慣れしてな人とか、
    このライブの方向性いまいちよくわからない為なのか、なんとも言えない感じ。
    評価すべきところは、歌い手の川村さんとLotus Juiceさんは、流石。

    こうしてみると、意外と出費が多いね。
    スポンサーサイト

    先月の購入物件
    8月分
    ということで書き始めたのですが・・・
    書いてる途中で、ここ最近継続ものばかりで、新しい開拓してないなぁと気づいた。

    GA-芸術科アートデザインクラス 3 (まんがタイムKRコミックス)
    GA-芸術科アートデザインクラス 3 (まんがタイムKRコミックス)
    個人的にきららで一番面白いと思えるのがコレ。
    美術系のネタを扱っているのに変に解説チックににならずにテンポよくオチにつなげる
    かと思えば、キャラクタの物語性の高い話も入れたりと、意外とバランスがいいんですよ。
    あと、タイトルとか細かいところにも、ネタを見つけて、
    ああぁと納得してしまうがこの作品の魅力かな。

    マイガール 3
    マイガール 3 (BUNCH COMICS)
    すでに発売日に買ってたけど、乗せ忘れorz
    相変わらず、読んでてじ~んとくるんですよね。

    戦う司書と絶望の魔王 (集英社スーパーダッシュ文庫)
    4086304945

    随分と待たされましたが、ついに次巻にて完結。
    今回は、○○のネタばらしに併せて、菫の咎人の末路の詳細も判明と。
    とにかくネタばらしの巻でしたね。
    期待してたハミュの対○○用の魔法権利は次回に持ち越しかぁ。


    ・ゼロの使い魔 17 黎明の修道女〈スール〉 (MF文庫J)
    展開がマンネリ気味ですが、何だかんだと購入。

    ・アーマード・コア ヴァリアブル・インフィニティシリーズ ローゼンタール CR-HOGIRE ノブリス・オブリージュ (1/72 スケールプラスチックキット)
    アーマード・コア ヴァリアブル・インフィニティシリーズ ローゼンタール CR-HOGIRE ノブリス・オブリージュ (1/72 スケールプラスチックキット)
    こうして、つくる時間がなく、箱だけ積みあがる罠。

    そして今頃先月のライブレポを思い出しながら書いているところです。orz

    先月の購入物件
    やっとの7月分更新・・・。
    そして、出張とホテル滞在からもようやく解放です。
    っで、あれー、お盆休みさんが、行方不明ですよ。
    そして今頃先月のライブレポを思い出しながら書いているところです。orz


    ・ひとひら7(桐原 いづみ/アクションコミックス)
    ついに本編終了、このあたりで終わっておく感じがちょうどいいのかな。
    まだ他の登場人物を1話完結ベースの話が続くということなので、もう少し楽しめますね。

    ・ GUNSLINGER GIRL 11(相田裕/電撃コミックス)
    ジャコモ=ダンテによる鐘楼占拠事件と、ジャンの過去編。
    そういえば、全巻から約9カ月も経っていたですねぇ。
    絵柄も同人時期で発表してた頃に近くなったかな?
    まぁ、緊迫した内容なので、個人的にはこれでOKと思ったりします。
    トリエラのツインテールの部分を幸運のウサギの脚と言われて
    触られまくってるシーンが、唯一のなごみ所ですね。

    ・この願いが叶うなら (袴田めら/百合姫コミックス)
    4758070571

    表題作品の『この願いが叶うなら』は女のコ3人の三角関係を描く物語。
    思わず「3・・・不安定な数字」を思い出した自分は自重せざる得ない。
    読み終えましたが、思わず流石めら先生と唸ってしまった。

    百合姫作品だからですが、可愛らしい絵柄でありつつ、
    レズ的な関係の表現もきちんと描いている。
    しかも、そこを無意味に美化してないところに好感が持てます。
    (『夜空の王子と朝焼けの姫』もそうでしたしね)
    どの作品もあまあまな作品ではなく、
    読了後どこか、心が引っ掻き傷か刺が刺さったあと様な感じを受ける作品ばかりですが、
    久々に読み応えのあった作品です。

    ・恋愛ラボ 3 ( 宮原 るり/まんがタイムコミックス)
    恋愛ラボ 3 (まんがタイムコミックス)

    ついに『ワイルドの君』が本人にばれてしまいリコが壊れるエピソードにはヤラレタ。
    どう壊れるかというと、始終ブリッ子するわけなんですが、
    これが妙な笑いのツボな上に周り反応がまた面白く、笑いがなかなか収まらない。
    この願いが叶うならを読み終えた後の余韻が、台無しだよ。(笑

    ・PandoraHearts」オリジナルサウンドトラック1
    TBSアニメーション「PandoraHearts」オリジナルサウンドトラック1

    FictionJunction Yuki Kajura LIVE Vol.#4の物販で購入。
    ちょうど未購入だったので、ライブの物販は都合がよかったです。

    ・ヴァーティゴ (深見真/幻狼ファンタジアノベルス)
    4344816587

    いつもの銃撃戦は、少ない代わりに今回は格闘技がいい意味で面白い選択で楽しめました。
    軍隊格闘や、詠春拳の合理的・実戦的なものから、プロレスやカポエラと幅が広い。
    特にプロレスのチョイスは、作中にある趣味の悪いが示すとおり
    低空ドロップキックやジャーマンと渋いチョイスから、ジャイアントスイングともうびっくり。
    もちろん、同性愛要素がたっぷりなのは、相変わらずなので、
    この方面が苦手な方の購入をお勧めしません。

    ・劇場版「空の境界」 忘却録音 【完全生産限定版】 [DVD]
    劇場版「空の境界」 忘却録音 【完全生産限定版】 [DVD]

    すでに映画本編見た時点で、原作ファンは落胆した作品。
    しいて評価する点とすれば、学園内部のふいんき(←なぜか変換できない)
    は頑張ったといえるところでしょうか・・・
    とりあえず、これだけは言いたい。
    「ゴドーワードと式はどうした!!」
    勘違い構成演出作品でしかない。

    まぁ某省のレビューでもあるのですが、型月ファンしか買わない評価はだけは間違っていますね。
    どちらかといえば、ファンなら買う価値はないと思います。
    私が買った理由は、限定版でついてくる第六章サウンドトラックCD以外ないですから。

    先月の購入物件
    6月分の分です。まぁあれです。
    リアルを大事にしてたら、更新が全くできない。
    時間ある時にとも思ったら、連続出張マジあり得ん。

    ・ヤングガン・カルナバル・スペシャル―ファイトバック・ホンコン (深見 真/トクマ・ノベルズEdge)
    ヤングガン・カルナバル・スペシャル―ファイトバック・ホンコン (トクマ・ノベルズEdge)

    関連商品
    GENEZ-1 ジーンズ (富士見ファンタジア文庫)
    ヤングガン・カルナバル 2 (Flex Comix)
    武林クロスロード 4 (ガガガ文庫 ふ 1-4)
    ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング (トクマ・ノベルズEdge)
    ヤングガン・カルナバル1 (Flex Comix)


    まさかの外伝編発行。やはり外伝編がでると、シリーズもの定着したんだなぁとしみじみ感じます。
    どの短編もニヤニヤが止まりません。

    ・ARMORED CORE ヴァリアブル・インフィニティシリーズ
      レイレナード 03-AALIYAH シュープリス 夜間戦闘ver
    ARMORED CORE ヴァリアブル・インフィニティシリーズ レイレナード 03-AALIYAH シュープリス 夜間戦闘ver. (1/72スケールプラスチックキット) 流通限定品
    やばいやばい、作る暇がなくて箱だけが積まれていく、
    しかも箱がでかい(汗
    幸いなことに、このモデルが出る前のころから、
    アリーヤ在庫があるのは知ってたんですけど、手を出していなかったのでちょっとお得。
    同じことは、ノブリスにもこちらも、ホギャーには手を出さずに待ってました。
    でも全然作る暇ないんで、ダメじゃん。(笑

    同人誌
    袴田めら (逆ギレ刑事)『instrumental』
    すっごい久々の購入。
    袴田めらさんのコミティアで出していたものが通販されると聞いて、購入。
    あとがきに、7月にこれまで、百合姫に短編掲載した総集編を出すのにびっくり。

    先月の購入物件
    相変わらず、休みが不定期。
    書店も閉まった時間にしか帰れないので、まとめ買い。
    まとめ買いは良いけど、えらくジャンルの偏り方がひどいなぁと思ったり。

    ・わたしの大切なともだち 1 (袴田めら/アクションコミックス)
    わたしの大切なともだち 1 (アクションコミックス)
    袴田めらさんの新作、今回もギャグを交えたライトな路線。

    ・ゆるユルにゃー!! (2) (小石川ふに/リュウコミックススペシャル)
    ゆるユルにゃー!! (2) (リュウコミックススペシャル)
    姉妹と両親からはぐれた子猫の物語続編。
    あいかわらず、ゆる~い感じでいいですね。

    ・ヤングガン・カルナバル 2 (漫画:佐藤夕子、原作:深見真/Flex Comix)
    ヤングガン・カルナバル 2 (Flex Comix)
    漫画版ヤンングガンの2巻。
    場面的に1巻佳境から終盤の内容で面白かったですね。
    でも意外だったのが、おまけの番外編の弓華らしい落ちで良かったです。

    ・GENEZ-1 ジーンズ (深見真/富士見ファンタジア文庫)
    4829134070

    なんだか、設定的にこうパットしないというか、深見先生らしくない感じ。
    それでも、軍事ネタ、銃に拷問シーンは、流石と言ったところ。
    富士見なのでフルメタと比べてしまうと、ほんとに台無しになってしまいかねないので・・・。

    そうなる前にでも、同性愛要素をうまくだして、いければ良いのですがね・・・。
    富士見だから、その辺りどうなんでしょう。
    その点パラベラムは、OKなので、良い感じですね。

    ・武林クロスロード 4 (深見真/ガガガ文庫)
    4094511385

    いろいろと、表現に問題がありますが、面白い作品でこちらは安心の出来。
    リョウカの成長とシュンライとの純愛と非常によい娯楽作品
    (注:約10頁に1頁はエロ百合です。)

    「……シュンライ様は特別で…」
    「リョウカ……」
    「愛しています。シュンライ様」
    「ああ、リョウカ……私も……愛してる」
    (直前の台詞が「ああっと」な台詞で、書いておりません。だから、エロ百合なんですよ。)
    世界観的に、恋愛に自由奔放の世界だからこそ、こういった台詞の特別に意味があるのではないかと。
    あと、お師匠に啖呵きったシュンライはかっこよかった。
    お師匠と対決で、行方不明に・・・そこで、第1部終了とはまた気になりますね。
    第2部はどうなるかまた楽しみです。

    先月の購入物件
    実は4月分を下書きのまま超放置してしもうた。orz
    せっかくなので、携帯で変更してみるテストなんぞを試してみた。

    ・青い花 4巻 (志村 貴子/F×COMICS)
    4778320840

    新キャラ、春花と上田さんが、それぞれタイプが違うのですが、
    非常にいい潤滑油になっていいですね。
    なにより、ふみとあーちゃんの恋へとシフトが戻って、よかったよかった。
    しかも、一歩踏み込んだところへ進むかも?!
    というわけで、ソフトが好きな方には、おすすめはしません(汗

    小説
    ・黙星録〈3〉世界が視るのは最期の夢 (荻野目 悠樹/ハヤカワ文庫JA)
    415030954X


    何にしても、足掛け十年にしてシリーズ完結。大団円。

    以外だったのが、アリスとカーシュナー。
    1巻読んでた時は、最後まで引っ張るキャラではないと思ってたんですが、
    おかげで、老人達や復讐に燃えるサークルキャニオンは空気並な扱い。
    むしろ、もう少し巻数を増やすのであれば、もう少し陰謀めいたところが見えてよかったんですがねぇ。
    まぁ、テーマが最後の瞬間をどう生きていくか、大切な何かを失った時、この先をどう生きていくか
    であるため、アリスや、カークランドに焦点があたるのはやむ得ないのかも。

    私的には、苦労人グローテヴォール参謀長の最後に・・・( ´∧⊂
    それにしても、ジェシカ提督が地味に美味しい立ち位置してませんか。

    ・お釈迦様もみてる―学院のおもちゃ
    シリーズ買いなのですが、とくこれと言って、不も無く、可も無く。

    CD(音楽)
    Parallel Hearts FictionJunction 梶浦由記
    B001TGU6WG

    『FictionJunction』として初のシングル。
    個人的にお気に入りなのは、2分半近辺のバイオリンが入る辺りと
    2分50~3分台のエレキ→バイオリンに切り替わる辺り。

    ARMORED CORE ヴァリアブル・インフィニティシリーズ ラインアーク ホワイト・グリント
    ARMORED CORE ヴァリアブル・インフィニティシリーズ ラインアーク ホワイト・グリント (1/72スケールプラスチックキット)
    ACfAの象徴機ホワイト・グリント。
    某専門学校CMでお馴染みの奴です。

    さぁ、作る時間あんのかなぁ。(汗

    先月の購入物件
    久方ぶりに、いつもの月間購入のまとめです。

    漫画
    ・恋愛ラボ2 ( 宮原 るり /まんがタイムコミックス)
    ・青年のための読書クラブ ( 漫画:タカハシ マコ 原作:桜庭 一樹/Flex Comix)
    ・人造人間カティサーク 3 ( 緒方 てい /ジャイブ )
    ・ハニカム 2(桂明日香/電撃コミックス)

    青年のための読書クラブが、一番の当たりでした。
    WEBコミック化しているので、時間があれば見てみようかな。
    後、気になっているのは、戦う史書シリーズの漫画版が発売されていた事。
    割と小説のコミック化は、過去一度灼眼を買ってたけど、そのうち自分の中で微妙になって、
    買わなくなったこともあるので、買うべきか迷うところ・・・。

    小説
    ・硝煙の向こう側に彼女(深見 真/エンターブレイン)
    ゴルゴタでの期待を持ちすぎて、読んでしまうと肩透かしになるかもしれませんが、
    主人公塚田志士子を含む周りのキャラクタは、魅力的で楽しめました。

    DVD(小説)
    ・劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋 【完全生産限定版】 [DVD]

    CD(音楽)
    ・magnetism (Rita/Lantis)



    今月は、いちおう予定通りの買い物。
    理多さんのCDが予定になかったけど、まぁそれはおいて。(笑
    来月は、Kalafinaのシングル『Lacrimosa』とSO4と友人との映画鑑賞と
    本以外での出費が多めなので、気を引き締めねば。

    棺担ぎのクロ。
    きゆづきさとこさんのGAがついにアニメ化ということで、
    ずっと前に購入していて、これまで紹介していなかったこちらを紹介。

    棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ (1) (まんがタイムKRコミックス)
    きゆづき さとこ
    4832275682

    棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ (2) (まんがタイムKRコミックス)
    きゆづき さとこ
    4832276344


    普通のストーリー漫画と同様の物語性のある4コマ漫画

    主人公は、棺を担ぎ世界を旅する少女クロのお話。
    最初は、棺を担いで旅することはないのですが、旅する中で棺を担いで旅をすることになります。
    旅する理由と棺を担ぐ事は、ネタバレになるので、あまり詳しくは書けないのですが、
    決して、良い理由で旅しているわけではありません。

    ただ暗くなりがちな作品も、双子少女ニジュクとサンジュの存在が、明るくさせます。
    黒いクロを白くしようとしたり、クロと喧嘩したサンジュの影だけがクロにくっついていたり。
    クロに三つ編みを結ってもらったり、寂しくなったサンジュがクロに抱きついたり、
    それに嫉妬したニジュクもクロに抱きついたり。
    「ずっと一緒にいられますように」と双子がクロに花を贈ったりと
    4コマなんですが、不思議な雰囲気のいい作品です。

    今週の散財
    相変わらず、中々仕事が落ちつかないので、まとめ購入ばっかり。
    ・ハニカム 2 (2)(桂明日香/電撃コミックス)
    4048675613

    週アス連載のゆる~いファミレスラブコメ物。
    ところどころでてくる日の出ネタに、ニヤニヤしてます。
    連載時期考えると、ぼろ雑巾ネタは、外せませんよね。

    ・硝煙の向こう側に彼女(深見 真/エンターブレイン)
    硝煙の向こう側に彼女Amazonで詳しく見る
    ヤングガン・カルナバル1 (Flex Comix) 疾走する思春期のパラベラム この世の人々が許しあうまであと千億の夜 (ファミ通文庫) ゴルゴタ―Golgotha アフリカン・ゲーム・カートリッジズ (角川文庫)ヤングガン・カルナバル―開催・バンケットの死闘 (トクマ・ノベルズedge)


    深見先生の約1年ぶりのハード装丁の本。
    ゴルゴタ程の興奮は味わえなかったですが、私的には、十分おもしろかったですね。
    気が向いたら、感想書こうかな。

    ・劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋 【完全生産限定版】 [DVD]
    B001HVWMAC


    相変わらず、忙しいので一度映画で見たものを時間をとって見る気力が
    今は、ちょっと厳しいのでその内に一気に見直そうかな。

    ・magnetism (Rita/Lantis)
    magnetism
    曲名リスト
    1. nano universe(アルバムオリジナル曲)
    2. はじまりのソルティエール(PCゲーム『ソルティアン ジュ魔法倶楽部』オープニング主題歌)
    3. Party☆Party Time!(PCゲーム『Sugar+Spice Party☆Party』オープニング主題歌)
    4. shield nine ~reversible version~(PC ゲーム『恋する乙女と守護の楯』オープニング主題歌)
    5. Princess Blood(PCゲーム『黒の歌姫』オープニ ング主題歌)
    6. プリズム(アルバムオリジナル曲)
    7. オモウチカラ(PCゲーム『PrincessFrontier』 オープニング主題歌)
    8. iory(アルバムオリジナル曲)
    9. silin'(アルバムオリジナル曲)
    10. Silent Snow(PCゲーム『センチネル』オープニ ング主題歌)
    11. stardust train(アルバムオリジナル曲)
    12. harmonia(TVアニメ『true tears』イ メージソング)
    13. スピカ(アルバムオリジナル曲)

    Amazonで詳しく見る


    5曲目のPrincess Bloodが収録されるのを今月で知って、密林で速攻予約しました。
    でも、結局手元に届いたのが、発売から4日後って・・・。
    あと、UGAにあるけどJOYでは未登録なので、歌えるのはまだ先の話かも。

    今週の散財
    今年最初で新年早々、そこそこな散財。

    ・恋愛ラボ2 ( 宮原 るり /まんがタイムコミックス)
    483226706X

    恋愛がテーマなんですが、むしろ妄想恋愛暴走たっぷりなコメディ4コマ。
    前回ぱっとしなかった周りのキャラの立ち回りがいい塩梅。
    突っ込み立ち位置かと思われた莉子がいじられ側に回るのもいいですね。

    ・青年のための読書クラブ ( 漫画:タカハシ マコ 原作:桜庭 一樹/Flex Comix)
    4797352159

    直木賞作家である桜庭一樹さんの漫画化。

    直木賞作家・桜庭一樹×タカハシマコが描く、史上最強にアヴァンギャルドな"桜の園"の100年間。
    東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。
    校内の異端者(アウトロー)だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる
    秘密の<クラブ誌>があった。
    そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちの手によって
    脈々と記録され続けていた……。

    しかし、いい作品ですね。
    原作は未読なのですが、どうやら五つあるエピソードのうちの二つを収録。
    そのうちのひとつ、烏丸紅子の恋愛事件は、乙女たちの残酷さとか、毒とかももう・・・。
    名門お嬢様学校の乙女は、儚いだけでなく、したたかで怖いですね。
    ある意味異端の中の異端は、正常だというオチの付け方で、落差が激しいのですが、
    まぁ嫌いではないです。

    百合的な見所は、「奇妙な旅人」ですかね。
    卒業していく、きよ子と時雨の会話と表情はよかったですね。

    ・人造人間カティサーク 3 ( 緒方 てい /ジャイブ )
    486176601X

    こちらは、お約束な展開、たまにはこういうのもいいです。

    ・三ツ星クリーニング ( かずと いずみ /ジャイブ)
    4861765889

    かずといずみさんの初期作品。
    クリーニングみなみちゃんとか、見られるとはねぇ。
    そもそも、三ツ星クリーニング(同人誌)は、持っていなかったので、
    それを収録する形とは、ありがたい事です。

    ・こばと。 (3) ( CLAMP /角川コミックス・エース)
    いつの間にやら、もう3巻とは、早いものですね。

    よく考えれば、最後の二つは、12月末に買いそびれたものでしたね。

    2008年を振り返ってみた
    明けましておめでとうございます。
    閑散としたブログですが、定期的に訪れていただきありがとうございます。
    新しい年も迎えて旧年の購入を振り返ってみました。

    【2008年の購入数】
    男性向け漫画  23
    少女漫画      1
    百合物漫画   11
    ラノベ・他小説  30
    同人誌      13
    ----------------
    TOTAL    78(冊)

    ■男性向け漫画
    4コマやら、眼鏡物やら、いろいろごった煮感があるのは否めません。
    (マイガールのようなうるっと来る作品から笑える4コマやら眼鏡物とか)
    しかも4コマ系が多いねぇ。

    ■少女漫画
    何だか1冊しか買っていませんが、果たしてこのジャンル分けしたこと意味があったのだろうか?
    まぁ、種村作品買ってないし、他にも良い作品もあるのだろうけど、
    百合物とか4コマ系に集中した結果なんでしょうね。

    ■百合物漫画
    ライトな百合物をと言う事で、このぐらいなんでしょうかね?
    わりとシリーズ物でもありますが、作家買いに近い所もあるのかな。
    そうでないのは、百合色強めかも。
    去年の収穫は何と言っても、『ささめきこと』と『GIRL FRIENDS』ですね。
    後、袴田めらさんの『暁色の潜伏魔女』はかなりライトよりだったので、
    コレは逆に袴田めらさん作品を一般人に紹介するにはいいかもしれませんね。

    ■ラノベ・他小説
    殆どの新刊が、深見先生でした。
    ちなみに、今年で3シリーズ4作品を執筆するのは、流石だなぁと。
    今年早々には、期待の新刊『硝煙の向こう側に彼女』が出ますし、
    (深見先生のブログの女性刑事らしきイラストが余計に期待します)
    どうやらパラベラムは09年で完結させるとか、ますます目が離せませんね。
    あと購入新刊に、釘宮出演作品の小説があるのですが、
    どうも最近はいまいちの気がしてならない。

    ■同人誌
    同人関係引退気味ですが、意外と買っているなぁと、
    まぁ即売会1回は行ってみたので、そのせいでもありますね。

    今年も気の向くままに購入して、良作に出会えたら紹介していければと思っております。
    今後ともよろしくお願いします。

    今週の散財
    ようやく今年も終わり頃になって、ようやく更新です。
    毎日、12時帰宅、5時半起床ってどうなんでしょう。(汗
    つか、店閉まってて、大量購入できません。

    ・私たちの幸せの時間 ( 漫画:佐原 ミズ 原作:孔 枝泳 /Bunch Comics Extr)
    410771439X>

    原作は韓国の人による同名の小説。
    三人を殺害し死刑囚と三度の自殺未遂を図った元ピアニスト。
    佐原ミズさんの繊細な線と淡いトーン、場面ごとの人物の表情や構図。
    …途中から涙が止まらなくなりました。
    あんまり、語るとこの作品の良さを潰してしまうので、紹介はこの辺で。

    ・眼鏡とメイドの不文律( TOBI /Flex Comix)
    4797351640

    なんか、勝手に手に取ってしまった感じ。
    眼鏡メイドより、前回の眼鏡な彼女のスピンオフ作品の方が、個人的にはよかったです。

    ・ひとひら 6 ( 桐原 いづみ /アクションコミックス)
    4575835579

    なんだか、麦チョコより、たま先輩とさちえ先輩のコンビが楽しいです。

    ・ヤングガン・カルナバル1 ( 漫画:佐藤 夕子 原作:深見 真 /Flex Comix)
    4797351659

    ヤングガン・カルナバルの漫画もついに出ました。
    まだ、絵の構図としては、佐藤 夕子さんが、新人の方なのでしょう。
    なかなか、うまい見せ方や、キャラの立ち絵は、今後に期待したいところ。
    これで、小説に興味持って、見てくれる人が増えるといいなと思っております。

    ゲーム
    ・エースコンバット6 解放への戦火 Xbox 360 プラチナコレクション
    B001F51AY4

    う~ん、有料ダウンロードが多すぎる。
    アイマス機は置いとくとしても、他の機体も有料で結構取られます。
    もうすこし、価格抑えるとか、無料にしても良いのかなと思ったり。
    まぁ、手軽に楽しむ分にはいいのかも。

    今週の散財
    まったくもって、忙しいのと、ACfAにどっぷりはまって更新停滞中です。
    すんません。

    ・ささめきこと3 (いけだ たかし /MFコミックス アライブシリーズ)
    ささめきこと3 (MFコミックス アライブシリーズ)

    気が付けばもう3巻なのにびっくり。
    純夏(すみか)と汐(うしお)の距離感がまた近づてもう、次はどうなるのかが楽しみです。
    ようやく気づいたのですが、1~3各巻の表紙の二人の距離感と視線にも注目です。
    (中々意味深ですよ。)

    小説
    ・ゼロの使い魔14 (MF文庫)

    まだ、読めてないので、そのうちに・・・。

    今週の散財
    今週の散財と言いつつ先週の物件です。(滝汗

    同人誌
    COMICMARKET74新刊を遅まきながら回収
    ・す茶らか本舗 大槻弘子さん
    Angela Alice
    The flower in a flower Ⅵ
    薬指の標本

    Angela Aliceはイラスト集
    のこりは、聖×蓉分が多めの、瞳子と柏木が印象的。
    しばらく、冬コミも虎にも行っていなかったので、07年あたりの過去作品が無いかもしれない。
    ここのサークルさんは、好きなサークルさんなんですが、なんと言う失態。

    ・おーはしまりのすけ 日坂水柯さん
    ホノカニカヲル

    最近の傾向が、オリジナル作品重視、百合成分もなので、
    どちらかといえば、コミティア辺りが疲れなくて良いかなと思ったりしている。

    ゲーム
    photo
    Xbox 360 エリート(HDMI端子搭載)
    マイクロソフト 2007-10-11


    ついに、買ってしまった感がある箱○
    じゃ肝心のソフトは・・・。
    [続きを読む]

    今週の散財
    今週と謳いながら、日付上、先週の内容。(汗
    週の前半が、ライブのために大急ぎで仕事の前倒しとライブ→夜行で帰宅と
    バタバタした1週間なので、行き当たりばったり的な買い物に・・・。

    ・sprinter(初回生産限定盤)(DVD付) (Kalafina・梶浦由記/SME)

    メール便でラッキー、通常便だと間違いなく、土曜日回収コースでした(汗
    sprinterをライブ前もライブ後も飽きることなく聴いてますw
    いまのところ、お気に入りの箇所に変化は無いですが、そのうち変わるのかな?
    小説読んでいると、最後の辺りはマジ泣けます。
    あと、ARIAも、中盤からの盛り上がりが好きです。
    kalafinaは、WAKANAがお気に入りなんですが、新生kalafinaのHIKARU、MAYAもいい感じです。

    ・ 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape Ⅲ
    ・ 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape Ⅳ

    あぁー、また積みCD増えてますよ。
    プレイヤーに落として、通勤中にでも聴いとくための努力はしないとね。

    ・お釈迦様もみてる 紅か白か
    まぁ、十分楽しめました。
    別段取り上げての感想はなしですw

    ・ハニカム 1 (桂明日香/電撃コミックス)
    ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
    気にはなっていたので、購入。
    とりあえず、週アス連載してた事にびっくり。

    ファミレスラブコメ物としては、すでに『WORKING!!』があり、
    ギャグとして比較するとWORKING!!に軍配ありかな?
    まぁ、あれもキャラクターにどれだけ萌えられるかに。(過去記事へ
    そうなると絵柄的・ラブコメとして、こちらの方が受け付けやすい、という人がいると思います。

    どっちつかずな感じで、ゆる~い雰囲気なので今後次第かな。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。