私の欠片を探して
ゆる~く漫画、小説の紹介。ただし、百合要素の頻度高しw。あと日々の雑記
プロフィール

ゆでいぬ

Author:ゆでいぬ
ライトな百合作品好き。
ライトな百合作品は心のビタミン。



カテゴリー



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブックマーク

  • コアラッキーミハルの非日常的な.
  • 予定は未定っす
  • 気まぐれな雑記たん
  • 管理者専用


  • カレンダー

    11 | 2007/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -



    月別アーカイブ



    RSSフィード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    12月の購入文庫
    12月の購入文庫

    ・疾走する思春期のパラベラム
    ・疾走する思春期のパラベラム 灰色領域の少女
    ・疾走する思春期のパラベラム デイドリーム

    疾走する思春期のパラベラム (ファミ通文庫)

    「ヤングガン」と「AGC」(アフリカン・ゲーム・カートリッジズ)の作者買い。
    かなり、ライトノベルシフトになっているで、
    この作者の勢い見たいなもの(銃撃戦とかアクションなど)が、
    薄いような気がするが、ライトノベル(娯楽小説)としては、
    まずまずの出来かな。

    とはいえ、百合ネタ(同性愛)要素があるのは、この作者らしいところ。
    (カップリングも豊富でむしろここを楽しみにするのも・・・)
    ただ、その内容がレーベルとしてぎりぎりな内容もあるだけに、危ういが、
    この路線で突っ走ってほしいと願うばかりである。
    あと、AGCを読了後、どこかで見たような設定(汗)になるので、要注意。

    [続きを読む]
    スポンサーサイト

    そうだ、京都に行こう
    タイトルどおりに京都にいこうかなとで、目的はここに、お参りに行こうかと

    http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/dendengu/index.html

    一部の業界関係にご利益ありそうなので、
    厄落としと今年1年の厄払いもかねて行こうかなと・・・。

    http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/dendengu/dendenintro.html#dendengu%20yurai


    ここからは関係者へ私信。

    [続きを読む]

    マリア様が読了『キラキラまわる』編
    マリみて新刊『キラキラまわる』を読了※続きはネタバレ注意※
    [続きを読む]

    アフリカン・ゲーム・カートリッジズ
    アフリカン・ゲーム・カートリッジズ文庫が出たんですが、新書版の感想がまだなので。

    アフリカン・ゲーム・カートリッジズ



    ■あらすじのような物

    警察の特殊部隊GEAの施設を逃げ出し学校に現れた
    「銃使い」(干渉粒子により銃を呼び出す能力者)に襲われたことが契機となり、
    「銃使い」の能力に目覚めてしまった「矢崎龍座」という名の少年。
    能力に目覚めたが故に、GEAに追われる中、山本山茶花率いるレジスタンス組織
    「アフリカン・ゲーム・カートリッジズ」(AGC)に助けられ、
    葛藤しながらもGEAへの反抗に次第に荷担していく。

    [続きを読む]

    ガンスリ9巻読了
    ガンスリ9巻読了しました。
    アンジェリカが……。
    設定上、1期生の中では、リコの次に義体化で、
    条件付けの薬の影響がメンバー中強く出いたのは事実。
    近いうちにというのは、わかっていたのですがね。

    で、今回の1件、担当官に与える影響の方が大きいですね。
    特にヒルシャー辺りが・・・。

    あと、2期生の人数も結構増えていますね。
    上層部的には、世代替推進を示唆しているだけに、どうなるかがちょっと心配でもあります。


    先月の購入物件
    11月の購入文庫

    ・灼眼のシャナXVI

    ・ヤングガン・カルナバル
    ・ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス
    ・ヤングガン・カルナバル 銃と恋人といま生きている実感
    ・ヤングガン・カルナバル 天国で迷子
    ・ヤングガン・カルナバル ドッグハウス
    ・ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた
    ・ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩の季節
    ・ヤングガン・カルナバル 前夜祭・標的は木暮塵八
    ・ヤングガン・カルナバル 開催・バンケットの死闘

    「ヤングガン」最新巻まで読了。あっという間に読みきっていました。(笑)
    それだけテンポのよさと、アクション要素、百合要素。
    個人的に当たり要素多すぎということで・・・。

    ・アフリカン・ゲーム・カートリッジズ (Next)
    ついでに、こちらもあまぞんで購入・・・。
    予約してしばらくしたら、文庫出ているのですが、素敵イラスト付きとは・・・。

    ちなみにこちらは、百合ではなく、同性愛要素・・・。
    でも、百合比重が高いので、OKでした。
    [続きを読む]



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。