私の欠片を探して
ゆる~く漫画、小説の紹介。ただし、百合要素の頻度高しw。あと日々の雑記
プロフィール

ゆでいぬ

Author:ゆでいぬ
ライトな百合作品好き。
ライトな百合作品は心のビタミン。



カテゴリー



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブックマーク

  • コアラッキーミハルの非日常的な.
  • 予定は未定っす
  • 気まぐれな雑記たん
  • 管理者専用


  • カレンダー

    12 | 2008/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -



    月別アーカイブ



    RSSフィード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    WORKING!!5の初回限定特装版
    『WORKING!!5 』が知り合いのところの予定リストにあがっていた。
    見かけたときは気にしなかったのだが、
    やっぱりおかしいなぁと思って本家の仕事告知のページを見てみたら。

    コミックス5巻の発売日
    4/25
    初回限定特装版 スペシャルドラマCD「小鳥遊家の長い一日(仮)」


    ほほぉ~まぁ面白そうではあるが・・・。


    四姉妹のキャスト

    長女一枝・安藤麻吹さん
    次女泉・折笠富美子さん
    三女梢・木村亜希子さん
    四女なずな・釘宮理恵さん

    ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
    そういう事か、よしamazonで早速予約してくるぜ!!(笑)
    スポンサーサイト

    ゴルゴタ
    久々に読んでて熱くなってしまった。
    この作品には、魅力的なキャラクターが詰まっている。

    復讐者でありながら犯人達の命だけではなく、犯罪者を守ろうとしたSATなどの警官、
    疑惑の司法関係者にも殺しの手に容赦はありません。
    だが、自分を逮捕しに来た刑事達は殺さない。

    自分の復讐の主義(自分の正義)に徹底した行動を見せる主人公の真田聖人。

    「人間の感情こそ犯罪の本質だ。」
    「リドリー・スコットの『ブラックホーク・ダウン』を三回もレンタルして、その後限定のDVDまで購入してる。
    これは俺の偏見だが、あの映画が好きなヤツはロクなもんじゃねぇ。やっぱこいつはクロい」

    と作中で語るSITの暴力系刑事長間。

    四谷見附の交差点や、廃病院のシーンなど作中の銃アクション。
    彼らの人間臭さが、そして、終盤で明かされるゴルゴタの意味。
    それぞれが、作品の魅力を引き立てています。

    だが、この作品はただの復讐物の復讐鬼を描く作品ではありません。
    [続きを読む]

    あの梶浦サントラが生で聞ける日が来るなんて
    事は正月明けの梶浦由記さんの公式ブログのことですが・・・。

    「中略・・・日本語歌ものメインではなくて、サントラの曲を並べた梶浦由記ライブ。」
    絶対やるから!もう梶浦語バリバリだから!歌い手さんも一人だなんてケチな事は言わず、
    何人も呼んじゃってガンガンハモってもらうから!」
    「中略・・・でも貝田さん呼んでsalva nosは絶対どこかでやるよ?
    (ああ、言っちゃった……。)」


    なんて、梶浦さんのブログに書いてあったのですが、
    ついに、個人LIVE決定ですか!!

    あぁ、本当に貝田さんの生コーラスが聴けるなんて、卒倒ものですね・・・(笑)

    Noir「salva nos」、「canta per me」
    舞HiME「媛星」、「目覚め」

    と、サントラのお気に入りのものを挙げたらきりがないです。
    ただ、会場の規模が厳しいので、チケット取れるのだろうか・・・。

    久々にのんびりと
    今日は、検診半日(ドック)を予約していたので、有休もらってのんびりしています。

    相変わらず、検診メニューの眼圧測定に涙目です。
    (成長しませんねぇ)

    折角の休みなので、久々に同人誌購入。

    ・とてもあまいもの
    ・発表会の日
    「かずといずみ」さんの冬コミと夏コミの作品
    とてもあまいものは、姉妹ものとしては変り種の設定。
    二人を繋げるのが、タイトルどおりお菓子なんですが・・・。
    ふんわりとした作品で、いい感じ。
    発表会の日は、6人姉妹の5女の子が、お友達の発表会にいって
    ピアノではなくドレスにあこがれる話。
    カーテンでドレスを自作する件は、微笑ましいなぁと・・・。

    [続きを読む]

    今週の散財
    ・暁色の潜伏魔女 (2)(袴田めら/アクションコミックス)
    暁色の潜伏魔女 2 (アクションコミックス)

    「最後の制服」の袴田めらさんの作品
    1巻で男キャラの告白等、「最後の制服」と比べると
    百合要素は薄くコメディ部分がやや強い感じですが、暁と夜の姉妹愛が良い雰囲気な感じ。

    ・こばと。 1(CLAMP/角川コミックス・エース)
    こばと。 1 (角川コミックス・エース 45-11)
    サンデーGXからニュータイプへの移籍があったこの作品。
    (仮)付の時よりもさかのぼった所から、話が始まります。
    しかも、サンデーGX時の話まで消化しきれてないです。
    いかんせん掲載ページ数少ないですから、どうなるのやら。

    ・GIRL FRIENDS 1 (森永みるく/アクションコミックス)
    GIRL FRIENDS 1 (アクションコミックス)

    ただのクラスメイトから友達、親友、そして・・・その先へと思わせる過程が
    非常にニヤリとさせてくれます。
    多くのサイトで話題にしているだけありますね。

    ・絶対可憐チルドレン 11(椎名高志/少年サンデーコミックス)
    つい買いそびれていたので、いまさらの購入。
    しかし、アニメ化は、ちょっと早いのでは?と思う次第。


    京都小旅行記
    ミハルさんときるしゅさんと一緒に京都までに行ってきました。

    いってきました場所は、嵯峨嵐山の法輪寺の電電宮。
    相変わらず、狙いどころがはなっから間違っていますが、突っ込みなしでお願いします。

    さて、出発は8時30分。

    休日運転の地下鉄なめてました。
    おかげで、1本電車遅れな上にブランチすらとってない私のために
    軽く朝食とって出発しました。(ほんと申し訳ない。)
    (実は12時頃に付く予定だったので、結構スケジュール的OKでした。)

    今回の旅は18切符で行く旅なので、現地に付くまでは、あまりのんびりできないのです。
    まずは、米原行き特快に乗りること約40分、関ヶ原に近づくとそこは雪景色。

    10時前には米原駅に到着。

    そんな寒い中、米原でも雪降る風を感じながら乗り継ぎまちをします。
    (JRの管轄が東海から西日本に切り替わるので)
    正直寒い、だがあえて座りっぱなしのできる普通電車に乗る作戦。
    15分ぐらいは、寒い中立っていたので、
    待ちに待った電車の暖房がメチャメチャありがたかったです。

    10:12発 加古川行きが定刻どおりに発車。

    電車が進むにつれて、吹雪く空模様に一同不安になりましたが、
    京都が近づくころには、雪雲は何処へやら、
    所々晴れ間が見える中、11時20分頃に京都に到着です。
    さらに、ここで山陰本線に乗り換え、目的地の嵯峨嵐山駅を目指します。
    途中、関空特急はるかタンのホーム眺めつつ、
    目指す山陰線ホーム31番線を目指します。

    11:43 山陰本線普通園部行きが発車。

    旧世代のオレンジと緑に塗られた車体にかなり体を揺さぶられながら、
    嵯峨嵐山を無事12時に到着します。

    [続きを読む]

    京都小旅行記その2
    京都小旅行記その2(後半)です。

    渡月橋を渡りきると、「十三まいり」と書かれた法輪寺の入り口のようなものが
    見えますが、ここは裏口でした。

    さらに、道なりに進み法輪寺の看板を発見。

    「虚空蔵さんの十三まいり」と言うだけあってか、ぽつぽつと山門をくぐってゆく人がいます。

      後から調べたのですが、虚空蔵菩薩さまはと念願成就の神・慈悲の菩薩さま。
      法輪寺の正式名称を「智福山法輪寺」だそうです。
      知恵と福(運)に恵まれそうで、ご利益ありそうです。

    さて、山門をくぐって石段を上ると右手には電電塔なるものが建っております。

    電電塔の後ろにはレリーフが掲げられ、
    右側には電気の代表、「トーマス・アルバ・エジソン」
    左側には電波の代表、「ハインリッヒ・ルドルフ・ヘルツ」が選ばれ掲げられています。
    そのうち、ドクター中松もここに掲げられるのではと、皆で話しながら、さらに石段を登ります。

    すると、左手に法輪寺電電宮会会員が掲げられているのが見えます。
    そこには、松下電器、NHK、朝日放送、毎日放送、関西電力、西日本電信電話株式会社と
    主に関西の電気、通信、電力会社の名前の中に、
    東京電力、中部日本放送中京テレビ放送がありました。
    そして、関西テレビはなかったですね。w

    ひとしきり、感心したところで、
    さらに石段の中腹辺りを上った左に曲がるところに「電電宮」がありました。

    [続きを読む]



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。