私の欠片を探して
ゆる~く漫画、小説の紹介。ただし、百合要素の頻度高しw。あと日々の雑記
プロフィール

ゆでいぬ

Author:ゆでいぬ
ライトな百合作品好き。
ライトな百合作品は心のビタミン。



カテゴリー



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブックマーク

  • コアラッキーミハルの非日常的な.
  • 予定は未定っす
  • 気まぐれな雑記たん
  • 管理者専用


  • カレンダー

    12 | 2009/01 | 02
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31



    月別アーカイブ



    RSSフィード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    今週の散財
    今年最初で新年早々、そこそこな散財。

    ・恋愛ラボ2 ( 宮原 るり /まんがタイムコミックス)
    483226706X

    恋愛がテーマなんですが、むしろ妄想恋愛暴走たっぷりなコメディ4コマ。
    前回ぱっとしなかった周りのキャラの立ち回りがいい塩梅。
    突っ込み立ち位置かと思われた莉子がいじられ側に回るのもいいですね。

    ・青年のための読書クラブ ( 漫画:タカハシ マコ 原作:桜庭 一樹/Flex Comix)
    4797352159

    直木賞作家である桜庭一樹さんの漫画化。

    直木賞作家・桜庭一樹×タカハシマコが描く、史上最強にアヴァンギャルドな"桜の園"の100年間。
    東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。
    校内の異端者(アウトロー)だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる
    秘密の<クラブ誌>があった。
    そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちの手によって
    脈々と記録され続けていた……。

    しかし、いい作品ですね。
    原作は未読なのですが、どうやら五つあるエピソードのうちの二つを収録。
    そのうちのひとつ、烏丸紅子の恋愛事件は、乙女たちの残酷さとか、毒とかももう・・・。
    名門お嬢様学校の乙女は、儚いだけでなく、したたかで怖いですね。
    ある意味異端の中の異端は、正常だというオチの付け方で、落差が激しいのですが、
    まぁ嫌いではないです。

    百合的な見所は、「奇妙な旅人」ですかね。
    卒業していく、きよ子と時雨の会話と表情はよかったですね。

    ・人造人間カティサーク 3 ( 緒方 てい /ジャイブ )
    486176601X

    こちらは、お約束な展開、たまにはこういうのもいいです。

    ・三ツ星クリーニング ( かずと いずみ /ジャイブ)
    4861765889

    かずといずみさんの初期作品。
    クリーニングみなみちゃんとか、見られるとはねぇ。
    そもそも、三ツ星クリーニング(同人誌)は、持っていなかったので、
    それを収録する形とは、ありがたい事です。

    ・こばと。 (3) ( CLAMP /角川コミックス・エース)
    いつの間にやら、もう3巻とは、早いものですね。

    よく考えれば、最後の二つは、12月末に買いそびれたものでしたね。
    スポンサーサイト

    新年会
    身内だけの飲み会

    何時もどおり、私はカラオケ→飲みの参加(笑

    今回も昼間からのカラオケは、いつの間にやら、
    皆さんユーザー登録してしかもスタンバって入るとは、びっくり。
    しかも、前半の殆どがボカロになっているし。

    私は、8曲ぐらい歌ってきました。
    今回仕入れたI've系の曲はJOYだと登録協議中とか・・・先は、長そうです。
    UGAとDAMには、有るみたいなので、まぁその内に機会があるでしょう。
    替え歌は、とりあえず、1番のみで、あと3番まであるので、
    次ぎあたりにfullVerで歌えるように頑張ってみます。

    お酒の席は間近に迫ったTRPGが中心に・・・。
    私は、今の仕事が落ち着きそうも無いので、見送ってます。

    4月の話し、たぶん今のところは大丈夫かなと思いますが、
    職場移動の話があるので、本当の所は、確定とは言えないです。
    ただね、仕事の方を動かせるので、動かしますよ。

    2008年を振り返ってみた
    明けましておめでとうございます。
    閑散としたブログですが、定期的に訪れていただきありがとうございます。
    新しい年も迎えて旧年の購入を振り返ってみました。

    【2008年の購入数】
    男性向け漫画  23
    少女漫画      1
    百合物漫画   11
    ラノベ・他小説  30
    同人誌      13
    ----------------
    TOTAL    78(冊)

    ■男性向け漫画
    4コマやら、眼鏡物やら、いろいろごった煮感があるのは否めません。
    (マイガールのようなうるっと来る作品から笑える4コマやら眼鏡物とか)
    しかも4コマ系が多いねぇ。

    ■少女漫画
    何だか1冊しか買っていませんが、果たしてこのジャンル分けしたこと意味があったのだろうか?
    まぁ、種村作品買ってないし、他にも良い作品もあるのだろうけど、
    百合物とか4コマ系に集中した結果なんでしょうね。

    ■百合物漫画
    ライトな百合物をと言う事で、このぐらいなんでしょうかね?
    わりとシリーズ物でもありますが、作家買いに近い所もあるのかな。
    そうでないのは、百合色強めかも。
    去年の収穫は何と言っても、『ささめきこと』と『GIRL FRIENDS』ですね。
    後、袴田めらさんの『暁色の潜伏魔女』はかなりライトよりだったので、
    コレは逆に袴田めらさん作品を一般人に紹介するにはいいかもしれませんね。

    ■ラノベ・他小説
    殆どの新刊が、深見先生でした。
    ちなみに、今年で3シリーズ4作品を執筆するのは、流石だなぁと。
    今年早々には、期待の新刊『硝煙の向こう側に彼女』が出ますし、
    (深見先生のブログの女性刑事らしきイラストが余計に期待します)
    どうやらパラベラムは09年で完結させるとか、ますます目が離せませんね。
    あと購入新刊に、釘宮出演作品の小説があるのですが、
    どうも最近はいまいちの気がしてならない。

    ■同人誌
    同人関係引退気味ですが、意外と買っているなぁと、
    まぁ即売会1回は行ってみたので、そのせいでもありますね。

    今年も気の向くままに購入して、良作に出会えたら紹介していければと思っております。
    今後ともよろしくお願いします。

    梶浦由記さんのライブ「Yuki Kajiura LIVE VOL#3」にいってきました
    Yuki Kajiura LIVE VOL#3に行ってきました。

    今回は、指定席とスタンディングが選べるライブで、物販15時、開場17時。
    このところ仕事が忙しく、そう簡単には起きれなかったので、出オチ。
    この時点で、サイン色紙はあきらめました。
    (噂によると、物販はあっと言うまらしい)
    帰りの時点でポスターは入手出来そうでしたが、かさばるので、あきらめました。

    まずオープニングは、今回もKalafinaの登場
    ステージ向かって左手からHikaru、Keiko、Wakana、の3人構成でMayaはお休みなのかな?

    Opening ACT:Kalafina
    セットリスト
    1. fairytale
    2. oblivious
    3. 君が光に変えていく
    4. Lacrimosa

    雑感
    何度も言っているようですが、やはりライブはいいですね。
    『fairytale』は、しっとり、『oblivious』は盛り上がりましたし、『君が光に変えていく』も初のライブで聴けました。
    あと、何よりサプライズが、まだ発売前の新曲の『Lacrimosa』が聴けましたよ。
    そして何より、判っていた事ですがアルバム発表と幸先いい感じですね。

    いったんkalafinaが捌けていよいよ、ライブ本編へ
    [続きを読む]

    今週の散財その2
    いや~仕事が忙しかったせいか、散財も書くネタもいっぱい。
    新年迎えても、旧年のまとめとは、とほほ・・・。

    CD・DVD
    ・Prototype(石川智晶 /JVCエンタテインメント)
    アンインストールと言い、このPrototypeも、出だしの謎のスキャットが個人的に好きです。
    そういえば、アンインストール買っていませんが(汗
    アルバムでまとめてたら、買うと言う事しようかな。

    ・fairytale(初回生産限定盤)(DVD付)(Kalafina 梶浦由記 奈須きのこ /JVCエンタテインメント)
    梶浦さんの公式blogによると、歌詞は、実は、小説からそのままと言う事なんですよ。
    もちろん本人許可済みで、作詞は奈須きのこさんとの共同ですって。もう、びっくり。
    これ知らないと、アマゾンの「Kalafina 梶浦由記 奈須きのこ」って何でしょう思った人もいるかも(笑

    ・劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【完全生産限定版】
    B001HVWM66劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【完全生産限定版】 [DVD]
    鈴村健一, 坂本真綾, 滝口禎一
    アニプレックス 2008-12-17

    あぁー積んでる。サントラ聴けてないorz
    その前に、ライブDVDが最優先なので・・・。

    ・Yuki Kajiura LIVE 2008.07.31 [DVD](梶浦由記 /JVCエンタテインメント)
    2ndライブは、間近で見れなかったので、このライブDVDはありがたい。
    あと、おまけのインタビューは、いろいろ楽しめました。
    4人それぞれの個性がよく出てよかったです。
    貝田さん、兄貴ネタとか年齢ねたとか、頑張り過ぎですよ。
    逆にwakanaは、硬すぎるぞ(笑
    [続きを読む]



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。