私の欠片を探して
ゆる~く漫画、小説の紹介。ただし、百合要素の頻度高しw。あと日々の雑記
プロフィール

ゆでいぬ

Author:ゆでいぬ
ライトな百合作品好き。
ライトな百合作品は心のビタミン。



カテゴリー



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブックマーク

  • コアラッキーミハルの非日常的な.
  • 予定は未定っす
  • 気まぐれな雑記たん
  • 管理者専用


  • カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30



    月別アーカイブ



    RSSフィード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    劇場版「空の境界」~第二章 殺人考察(前)~見てきました
    ようやく、名古屋でも上映が決まったのと、友人からの誘いに乗って見に行きました。

    ■雑感
    この章の見せ場のひとつ、猟奇的殺人シーン。
    血が広がる石畳、死体の血で口紅のように唇に塗りたくるシーン、と非常に満足ゆく出来でした。
    そして、織とのデートシーン。
    いや~よくできてますね。冷静に考えると、腐女子向けだよ。

    そして、この章は、式と織の二重人格を触れていくのですが、
    やはりというか口調と微妙な表情の違いしかなく、非常に見分けづらい。
    (演出上、あいまいな感じを狙っているのか、極端な話、織が、式のフリをしてる様にも解釈可能)
    小説未読者にとってここが、一番厳しいのかなと思いました。

    既読者にとっては、このシーンは、こっちだよなと考えるのが楽しみな訳ですがw

    映画終了後は、いつもように飲み会へ。
    何時ものように、バカ話に花が咲き、いい息抜きが出来ました。
    でも、流石に2章は、核心に触れる部分だらけで、微妙にストレス溜まるよね。

    ■映画感想~梶浦ファン的な意味で~

    第2章ということで、非常に地味な感じw
    劇中歌の「君が光に変えて行く」も地味です。
    と、ここまでは、きっと一般的な視点での感想です。

    で、梶浦さんの曲をずっと聴いている人だけには、ニヤリとさせるさりげない感じがよいです。
    お約束のコーラスをうまく生かしたり、ピアノ単体だったりと、
    SMEには、OSTを是非とも出してもらいたいですね。
    (第一章DVDの限定版は、第一章のサウンドトラックCD付、今後もコレが付くなら、
    問答無用で買いですね)

    何より劇中歌の「君が光に変えて行く」も素晴らしかった。
    詞の部分が劇中のシーンをうまく表現していますし、「kalafina」の二人のハーモニー。
    後、keikoさんがしっとり、力強く歌われているパートは、CDでは、比べることが出来なくよかったです。

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    トラックバックURL
    →http://watakake.blog28.fc2.com/tb.php/189-713137e5



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。