私の欠片を探して
ゆる~く漫画、小説の紹介。ただし、百合要素の頻度高しw。あと日々の雑記
プロフィール

ゆでいぬ

Author:ゆでいぬ
ライトな百合作品好き。
ライトな百合作品は心のビタミン。



カテゴリー



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブックマーク

  • コアラッキーミハルの非日常的な.
  • 予定は未定っす
  • 気まぐれな雑記たん
  • 管理者専用


  • カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -



    月別アーカイブ



    RSSフィード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    劇場版「空の境界」~第三章 痛覚残留~見てきました
    劇場版「空の境界」~第三章 痛覚残留~見てきました

    ■雑感
    この章の見せ場は、何と言っても戦闘シーン。

    私の中では、藤乃の中の人の配役は、如何なのかな?と心配しましたが

    「凶(まが)れぇぇぇぇぇ!!!!!」

    とか、色々しっかり演じられた様で何より。
    一章の疾走感があり、短い中で凝縮した感じとは違い、状況の緊迫感の演出に力が入っていたのか、
    特に「赤と緑の螺旋」は意外とあっさりしてたので、個人的にはもっと派手でも良かったかなと思ったり
    何だか多少気になるところはありましたが、映像はOKです。

    ただ残念なのは、藤乃の心理描写が少ないのは、60分の枠内の制約なのだろう、
    原作見読者ならあんまり違和感はないのかな?
    でもあったら、より、明確に痛みが伝わったのに...。
    あと、超能力をテレビのチャンネルで例える話もカットされてましたね。
    原作見読者にとってコレはあると、非常に理解しやすいのになぁと、後から冷静になって思った。


    それにしても、映像と声が付く事で余計に思うのだが、幹也は女たらしにしか見えませんよw

    ■映画感想~梶浦ファン的な意味で~

    戦闘シーンの曲は、相変わらずクオリティーが高く、ある意味、戦闘シーンを喰ってるかもなレベル。
    いや~もう、限定版が待ちどおしいよ。

    そして、EDテロップの流れる傷跡。
    すでに、何度も聴き込んできたのですが、これまでの藤乃の回想シーンを見て作ったのか?
    と思うほどで、これは、映画を見た後での感じ方が変わる良作品。
    それだけに、藤乃の心理描写が少ないのは、残念だよ。
    暇なときにでも小説の「痛覚残留」を傷跡聴きながら、読んでみましょうかね。

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    トラックバックURL
    →http://watakake.blog28.fc2.com/tb.php/197-194c25b6



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。